NIT ICHINOSE.LAB

森 崇将(TAKAMASA MORI)



大学院工学研究科博士前期課程 


経歴

愛知県立一宮高等学校  2010年 卒業

名古屋工業大学 工学部生命・物質工学科 物質化学プログラム 2014年 卒業

名古屋工業大学 修士課程 工学研究科 機能工学専攻 在学中


名古屋工業大学に入学後、一年生の教育課程での授業で物理の面白さに気付く。

生命・物質工学科に所属しながら化学と物理の内容を知れば知るほど化学が嫌いになる。

「化学の世界は美しくない」などと中二病発言をしだす。

自己設計科目は他学科のものばかりを履修し、その中で一瀬先生の量子力学の講義に出会う。

そのまま4年生になると生命・物質工学科に所属しながらも機械工学科の一瀬研究室に配属される。

楽しい研究生活を送り今に至るのである。

プロフィール写真がその楽しさをまざまざと物語っている。


研究分野と興味

極低温原子系 (ultra cold atomic system)

場の量子論(quantum field theory)

量子モンテカルロ法(quantum MC method)

遊戯王(Yu-Gi-Oh!):ファンデッキ構築論専攻


<携わった研究論文>


Random-field-induced order in bosonic t-J model

Yoshihito Kuno, Takamasa Mori, Ikuo Ichinose, New J. Phys. 16 ,083030 (2014).